日々のキヅキ

石川県小松市のセレクト古本屋

もくてきの話

3月3日でKIZUKIBOOKSをオープンさせて

 

2年が経過しました

 

こうして継続することができたのも

ご縁があった皆様のおかげです

ありがとうございます

f:id:kizukibooks:20200303000452j:image

 

少し原点に帰ってなんのために

私が「古本屋」をするのか

自答してみるので

ご興味のある方はお付き合いください

※古本屋論ではありません

 

昭和58年に岐阜の中心産業である繊維産業の

小さな縫製工場の息子として生まれました

 

小さな頃から自営で働く父や母や祖父を見て育ったため

「繊維産業」と「自営」にはなりたくないと思っていました

 

かといって中学・高校生になっても

なりたい職業などなく

 

なんとなく農業高校に入って

 

なんとなく自動車整備工の見習いをして

 

挫折して

 

なんとなく色々と働いてみて

 

結果、きがつくと自分も「繊維産業」の

営業マンになっていました

 

でもそれも、肌に合わず辞めてしまいました

 

そして今は

中古農機具屋と古本屋を営む「自営業」です

 

出会う上司や人に恵まれなかった

ということでもなく

社会不適合者のわたしは

ただお金を得るために

本心でもないのに

毎日、好きでもない人と会い話を合わせたり

面白くもない仕事をすることができませんでした

 

気になるのは

この社会の仕組みや

お金がどうやってうまれて

支払った税金がどう使われていて

持てるものと持たざるものがどう決められて

どうしてこんなにも自分や

人々を「お金」が振り回すのか?

 

これは高校生の時に読んだ

村上龍さんの『希望の国エクソダス

という小説に影響を受けていたからです

 

わたしはわたしを動かすもの自体が

わたしの選択や

衝動であって欲しいと

願っていました

しかし実際はそうではなく

それは何かわからないものによって

選ばされてやらされているよう

に感じていました

私たちは

生きているのではなく生かされている

とは思うのですが

人為的なのか生物の摂理的なのか

または

受動的なのか主体的なのかの違いです

 

人からニヒリストだと言われたこともありましが

今となってわかったのですが

そうなのではなくて

嘘のシステムや

嘘の社会では

 

何をやっても

好きになったり

熱中することができませんでした

 

本音と建前って何??

 

現実だと思って

みている世界は

本当にその通りの世界なのか

私には理解できませんでした

複雑に絡み合い構成されていると

感じたからです

 

読書や音楽や映画などをみている時間以外は

現実味を感じることができませんでした

 

その頃はただ生きづらい世の中でした

 

私たち人間が生きることに

おそらく

正解や正しい生き方や目的はありません

それを探しながらそれを経験していくことが

人生なんだと思います

 

 

ただ命を繋いできたという

人間や生物の奇跡の上に

わたしは生きていて

その命をどう使おうがその人の自由です

 

どう在りたいですか?

 

ご飯が美味しいか不味いならどっちがいいですか?

好きな服を着て街を歩きたいですか?

ダサい服でいいですか?

嘘か本当ならどっちがいいですか?

自分を好きか嫌いならどっちがいいですか?

楽しい時間は長く退屈な時間は短い方がいいですか?

可愛い(かっこいい)と思われたいですか?

ブス(ブサイク)と思われたいですか?

人に愛されたいですか?嫌われたいですか?

 

こういう質問を自分に問い続けます

 

両親や祖父やパートナーや友人に

愛され今日まで繋いできてもらったと

私が感じるように

子どもの未来へいい感じ

繋げたら嬉しいです

だから古本屋をやります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型ウイルスのパンデミックはリアルバイオハザードなのか?

中国の武漢市(人口1108万人)を中心に広まっている

新型コロナウィルス(2019-nCov)について正確な情報

公開されているのか、とても不安になります。

現地では一体どんな状況なのでしょうか?

 


武漢の医師が涙声で訴え 病院に肺炎患者らが殺到(20/01/25)

 


武漢新型肺炎 2003年SARSを超える勢いで拡散 医療関係者も多くが感染|新唐人|中国情報|新型肺炎 | 中国ニュース

 

以前にあったSARSやMARSのように

感染が拡大しなければ何よりですが

 今回は2003年のSARSよりも感染者は多いそうで

しかも、目に見えないウイルスを止めることは

おそらく現在の人間の科学技術では不可能です。

 

既に13の国で感染者が確認されています。

f:id:kizukibooks:20200126111011j:plain

新型肺炎 中国本土以外は13の国と地域で40人の感染者確認

 

そんな中、中国よりも日本が安全だということで

70万人の人が日本へ入国してきています。

 


「日本の方が安全」感染拡大の中・・・中国人70万人来日(20/01/25)

 

毎回、不安を煽るような報道をメディアは行いますが

 その後たいした被害もなく騒動は終わり

 また、なんともなかったと

狼少年のようなことを繰り返します。

 

言わなかったら言わないで、大きな被害が出れば

 なぜ報道しなかった?と責められる可能性もあります。

本当に何を信じていいのかわかりません。

 

そして、感染した場合どうなるのか??

頻度が高い症状は

高熱、咳、だるさ、筋肉痛・だるさ、痰、頭痛など

それが、どれくらいの期間で回復するのか

どういった人がどんな確率で重症化し死亡にいたるのか

情報が明らかにならなければ何もわかりません。

 

とやかく言っても始まりません。

 

さて、

今回の騒動はどう見極めたら良いのか?

 

私たち一般市民ができることは

自己の免疫力を高める

人が多く集まるところに行かない

うがい手洗いの徹底

マスクをする

発症してしまったら拡散しないこと。

 

ただ恐れても仕方ありません

できることを考えて

可能な限り備えることしかできません。

 

武漢市の道路は各所で土砂で封鎖されています。

広い武漢市を封鎖することは可能なのでしょうか?

そして封鎖したとしたら食糧などの物資はどのように

運び込むのでしょうか。

 

f:id:kizukibooks:20200126111823j:plain

f:id:kizukibooks:20200126111839j:plain


 

 自分の住む街がこうなったら

あなたならどうしますか? 

 

 

 

 

ゼロ年代からニジュウ年代への20年間 〜1980年代生まれのワタシ〜

 

2019年もあと1日で終わります

 

ワタシは今ふるさと の岐阜市

移り住み、4年目の石川県での2019年の1年間と

2000年からの(ゼロ年代の始まり)の20年間を

ざっくりと振り返るブログを書いています。

 

あと1日で

2010年代が数字上で終わりを迎え

2020年代の始まりです。

 

よく10年単位で

60年代・70年代・80年代・90年代

など括り、時代観や世代観を表現します。

 

 

2000年(ゼロ年代の始まり)

まだ社会や国家という幻想に

希望や可能性を感じていた

1983年生まれ当時16歳の

無知で無垢な高校生だったワタシも36歳

 

20年間という時間は

 

バブル後の90年代から

失われた20年

ja.wikipedia.org

 

などと表現されていたり

 

00年代・10年代の20年間も

感じ方は人様々だと思いますが

 

ワタシの内部と外部で

この20年間で

起きた出来事は

ワタシがかつて経験し想像した

時間や時代とは全く違うもので

 

歴史を見くらべても

これほどまでに情報の量が増え伝達が早く進み

加速度的に生活や状況が大きく変化していくとは

全くイメージしていませんでした

というかそもそも何も考えていないし

わかったようなつもりでいただけで

何もわかっていませんでした

 

今となれば

嘘だと思っていたことが本当になり

本当だと信じていたことが嘘っだたりして

わかりづらい世の中のように感じます

 

重要なのは

正しいことや

真実であること

ではなくて

 

間違いだとしても

嘘だとしても

 

自分を信じ愛し

自分で決める

という事を

問い

考え

続ける

コトではないかなぁ、と

感じています

 

 

ワタシはワタシの考えが

理想主義者的で幼稚で

子どもじみていて

現実不可能だと笑われたとしても

 

誰にとっても「平等」で「平和」的で

精神的にも物質的にも豊である社会が

健康的だと考えます

 

いわゆる「正解」はなく

好みで判断するしかないと考えています

 

 

なぜ、大人的で都会的で文化的で欧米的であることが

良いことなのかワタシにはわかりません。

 

資本主義が末期的になり

格差が広がる今

良い時代、良い社会って一体どんなんなんでしょう?

多くの人が生活が苦しいのは

それぞれ個人の問題なのでしょうか?

 

スマホの普及と通信速度の高速化により

インターネットの広がりがもたらした

社会の変化はとんでもなく

多くの人々がついていけるものではなく

システムと人間とのズレやノイズのようなものが

多くの社会問題を生みそれを

露わにする要因になったように感じます

 

起きている現状に憤りを感じるし

不安や危機感は付き纏いますが

 

今を生きることを全力で味わいながら

今とそしてこれからが持続可能で

平和で笑顔があふれ

愛する土地や物と

自分や子ども達がワクワクする未来に

繋がる行動をしていくコトが

アイデンティティーだと感じています

 

「希望」を持てなければ

死んでいるのと同じだと

ワタシは感じます

 

後から読むと恥ずかしいとわかっていて

恥晒します

 

本当はわかって欲しいですが

わけわかんなくても

最後まで読んでいただきありがとうございます。

f:id:kizukibooks:20191231020333j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシュレス決済とポイント還元

お店で仕事をしていると

営業の電話が頻繁にかかってきます

 

いち営業マンとして勉強のつもりでとりあえず

 

どんな話なのか「ハナシ」を聞いてみるようにしています

 

過去によくあった営業は

 

ホームページ作成・SEO対策

Googleの店内撮影のサービス

光回線

不動産投資

税理士紹介

 

などなど 

 

そして最近ダントツで多いのが

 

キャッシュレス決済 です。

 

そこらじゅうで耳にする機会が増えましたが

 

なぜでしょう?

誰が何のために?どうして?

キャッシュレス化を進めたいのか??

 

100億円もばらまいてまで

決済の権利を欲しいには理由があるはずです。

 

キャッシュ(現金)を使うのは時代おくれなの?

キャッシュレスな社会は便利とされていますが本当なの?

デメリットは?

 

すでに日本の社会では

クレジットカード

プリペイドカード

デビットカード

などキャッシュレスの選択肢がありますが

 

中国などの国のように偽札が多く出回っているなどの

事情があるわけではないので

多くの人は現金を選択しているだと思います。

 

すでにキャッシュレスの仕組みはあり

それでも普及していないのに

それがスマホQRコードになろうが

それを選択する人は増えるのでしょうか?

 

根本的に電気がなければ使用できない

電気に依存したシステムということは

地震や台風の災害時は使用できないという弱点が

キャッシュレス決済の問題ではないかと思います。

またデータを運用し管理する企業の

責任や管理能力を信用しなければなりません。

 

あと、国が進める増税に伴い増税分のポイント還元も意味がわかりません。

一度払わせて戻すならはじめから

消費税を増税したり取らなくても

良いのではないでしょうか?

 

そしてクレジットカードやスマホを持たない

子どもやお年寄りに対してとても不平等なルールではないでしょうか?

 

キャッシュレス化は政府の脱税防止のためではないか?

などとも憶測がありますが

降って湧いた2024年の新紙幣発行など

お金にまつわる不可解な動きが気になります。

 

長々と文句を言いましたが

そんなこんなでキヅキブックスでも

一応ペイペイが使えるようになりました。

よろしくお願いします。

 

f:id:kizukibooks:20191128132114j:plain

 

 

【本紹介】17都県 放射能測定マップ+読み解き集

久々に本の紹介をさせて頂きます

 

f:id:kizukibooks:20191029115151j:image

 みんなのデータサイト『17都県 放射能測定マップ+読み解き集』"2018

 

これは市民が立ち上がり

 

2011年3月に

福島第一原発事故で起こった

放射性物質の拡散による

土壌汚染を測定した貴重なデータと

食品ごとにどういった核種を吸収しやすく

食物連鎖によってどう蓄積していくのかなど

わかりやすく読み解いた本

 

未だに日本では「原子力緊急事態宣言」が

解除されておらず、廃炉どころか

放射性物質の放出も止めることも出来きず

海外も日本の食品の輸入制限をかけたままです

 

東京電力の発表によると

 

2018年1月までの1年間の放出量 4億7100万ベクレル

2019年1月までの1年間の放出量 9億3300万ベクレル

近くになっています

f:id:kizukibooks:20191030214236j:plain

 

むしろ悪化しています

 

それなのに

多くの地域でほとんどの人は

 

まるでなかったコトのように

 

変わらぬ日常が続きます

 

内部被曝は何かあってからでは手遅れです

放射性物質はほぼ一生、体内にとどまり

遺伝子(DNA)を破壊し再生できなくしてしまします

 


内部被曝による染色体異常

 

「直ちには健康に影響はありません」が

チェルノブイリのデータを見る限りでは

おそらくいずれは影響があります

ソ連製の放射性物質有害で日本製が無害ということはあり得ません)

 

そして影響があった頃には放射性物質

原因と証明できません(しません)

 

f:id:kizukibooks:20191030214806j:plain

 

そして福島や東北だけの問題ではなく

 

3000万人が住む関東地域にも

 

無作為にそれがばら撒かれています

 

想像できますか?

 

この事態が招く子どもたちの未来が

 

参考↓

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00000001-friday-soci

 https://wake-up.publishers.fm/article/18113/

 

政府や学者が言うように

何もない事に越したことはありませんが

私は不安でたまりません

可能な限り体内に放射性物質

取り込まないことしかできませんが

やれることをやるしかありません

 

おそらく多くの人が興味もないし

考えたくもないだろうし

みたくない現実かもしれませんが

この問題は他人事ではなく皆が当事者だと

私は感じています

 

専門家がとか

政府がとか

大学の教授がどうとか

他人任せで判断するのではなく

あなたはどう感じますか?

 

 

 

 

 

しったか読書会 1頁をやってみて 日常と非日常の間の現実

キヅキブックス初のしったか読書会へ

 

参加してくださった皆さま

 

ありがとうございました!

 

遅くなりましたが振り返りです

  

f:id:kizukibooks:20191024130909j:plain

 

 思っていた以上に

 想いもよらぬ

 嬉しいフィードバックもいただけました。

 

私が一番印象的だったのは

 

「普段できない話ができて楽しかった」

 

と、いう言葉でした。

 

読書会という非日常で「本」という媒体を通すとできる話があって

 

会社や学校や家庭では普段「できない」話があるのです。

 

いわゆる本音と建前です。

日本人論では『Honne and tatemae』

と呼ばれるそうです

 

なぜでしょう? 

 

言ったら嫌われるかな?とか

変な人と思われるかな?とか

違う意見だと仲間外れにされかな?とか

 

考えてしまいがちです。

 

表面上の

うわべだけの人間関係や

 

本音を言えないのは

 

健全で健康的な先進国とは私は思えません

 

 なぜ話しにくいことや

 話せないこと(いわゆるタブー)が存在するのか??

 

海外では日本的な「間」をとって

グレーにする様なコミニュケーションは

理解されないそうです

 

空気を読むとかみんなと一緒でないといけない

みたいな同調圧力とか

 

そこに原因がある様に思います。

 

複雑に私たちの心は絡み合い

無意識的に判断していることが

根底にあり

 

今の日本の社会を形成しているはずです

家族・学校・会社・商店街・町内会・スポーツジムなど

 

社会学とか難しいことはよくわかりませんが

簡単に考えても

経済的にも文化的にも豊なはずの

今のこの日本の社会が

一部の人にとって

息苦しかったりしていて

子どもの自殺が増えていたり

7人に1人の子どもが貧困だったり

164万の世帯が生活保護だったり

挙げればきりがありませんが

なんかおかしくないですか?

 

お金持ちと持たざる者の格差は広がり

自分だけが良ければいい

みたいな感じになっている

 

原因は何でしょうか?

見て見ぬ振りをしていませんか?

先延ばしにしていませんか?

 

私はこんなに不平等で生きづらいのはです

 

毎日の生活するための【お金】を稼ぐために

朝早くから夜遅くまで

時間と労働能力を使い

一生懸命、毎日毎日働いて

時間に追われて余裕がないし

家族や生活を守るために

【お金】を稼がなければなりません

 

こんな大変な思いをしてやっているのに

報われているとはとても思えません

 

官僚や政治家の先生や大学の先生などの

いわゆる日本を代表する知識人と言われる

頭のいい人たちが寄ってたかって

できたシステムがこれなら

人間は本当に愚かで成長しない存在であると

認めなければなりません

 

一度立ち止まって考えてみてください


2019.6.24「お金で考えてはいけない」大西つねきの週刊動画コラムvol.84

 

私たちは何のために生まれて

何のために生きるのか

仕事とは何か

大西つねきさんの話はとてもわかりやすいので

是非一度見ていただきたいです。

 

 

 そして多くの人が

 

本当は〇〇と思っているのに■■と答えるのです。

 

日常的にこういうコミニュケーションを繰り返していると

 

習慣となり自分自身とのコミニュケーション(自己対話)

 

でもその様なことをしてしまう可能性があると思います

 

つまりは自分は嘘をついているつもりはないのに

 

自分自身に嘘をついている状態です。

 

望んで選択したと思っているが

 

無理をして【それ】を選んでいる可能性があるのではないでしょうか?

本当の本当に【それ】は本心なのか

 

言葉にするとわかりづらいですが

これは自分でもわからないのではないでしょうか?

 無意識や潜在意識というものは私たちが思っている以上に

 強く私たちの生活に影響を及ぼしていると感じています

 

どう向き合い、何を話すのか

在り方が問われます

 

 

最後に

読書会の内容とは全く関係ない振り返りになってしましました。

これはただの日頃の鬱憤です。 

 

 

 

 

話題のグレタさん

地球温暖化の原因となるCo2を排出し続ける

 

お金儲けに狂った大人たちに対し気候変動の現状を訴え

 

メディアで話題のグレタ・トゥーンベリさん

 


グレタ・トゥーンベリさんによるCOP24でのスピーチ

 

16歳の少女でとても立派なスピーチです

 

大人に操作されているとか利用されていると

 

主張している人たちも多々、いるようですが

 

一体何が真実なのかはわかりません。

 

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/1175953415202959360

f:id:kizukibooks:20190925231933p:plain

 

ビルゲイツがワクチンで人口を削減するとか

 

マザーテレサは人身売買をしていたとか

 

まことしやかに語られることは多数ありますが

 

情報を見極める力(メディアリテラシー)がなければ

 

すぐにデマにも騙されてしまいますが…

 

日本ではそういった

 

教育も知識もほぼ周知していません

 

マスコミの鵜呑み度 (2005年)

 データ出典:日本リサーチセンター

日本 72.5%

韓国 61.7 %

中国 58.4%

オランダ 31.7%

ドイツ 28.6 %

フランス 38.1%

ロシア 36.0%

アメリカ 23.4%

イギリス 12.5%

 

 


ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」

 

 

 

で、今回のスピーチ騒動で私が感じたのは

 

本当に地球は温暖化しているのか??

 その原因はCo2(二酸化炭素)なのか??

 グレタさんが悪い大人に操作されているのか??

 

どうあれ

気候変動は現在進行形でおこっているのです!

 

その原因となりそうなことは直ちにやめるべきではないでしょうか?

 

優先してやるべきことは

森林伐採など環境破壊をやめて

化石燃料をやめて

プラスチックをやめて

抗生物質などの薬をやめて

農薬・除草剤・化学肥料をやめて

原発をやめて

戦争をやめて

経済至上主義をやめて

金儲けの企業運営をやめて

 

地球を

汚す行為をやめるべきです

 

これ以上地球環境に負担をかけるのは

自分の首を絞める行為であるのは明らかです

地球が汚れたら人間の体も汚れます

 

しかし、そんな中

 

Co2の排出権はお巨額な金で売り買いされて

 

その額は、年間で14兆億円近くにのぼります!

 

この騒動で儲かったのは誰でしょう??